PR

「希望の職種に就けない可能性があるが大丈夫か」転職面接の記事を視た

「希望の職種に就けない可能性があるが大丈夫か」という
見出しにつられ記事を読んでみた。

「希望職種に就けない可能性があるが大丈夫か」「自己都合退職とあるが、詳細は」転職面接で、こうした質問をされた場合は、どう答えたらいいのか。キャリアカウンセラーの中谷充宏さんは「こうした答えにくい質問は、面接官のねらいを想像しながら冷静に返す必要がある」という――

転職の面接で
「希望職種に就けない可能性がありますが、いかがですか?」
と聞かれたら、あなたはどう答えますか?

というのだが、下準備をしていたつもりでも
うまく答えられるかどうか・・・

そういう場合には、こうしなさい、と言うことを書いた本がある。

 

中谷充宏『20代~30代前半のための 転職「面接」受かる答え方』(秀和システム)

そんな時の「NG」と「OK」の答えが書いてある。

 

 

 NG! ———- 「御社に入社が叶うのなら、希望職種でなくても全然かまいません」 ———-これは希望職種への思いが薄すぎる

OK! ———- 「企業で働く以上、希望通りにならないことがあるのは十分認識しています。 御社から見て、私が活躍できる場所が他にあるということでしたら、まずはお受けし、しっかり結果を出してから、自分の希望実現のために社内公募制度などを活用して次に進めるようにしたいと思います」____
入社後の希望実現に向けての具体的な取り組みにも触れることで、面接官も当社への入社意欲と希望職種への思いの両方を感じ取ってくれる

これには、なるほどと思った。

20代~30代前半のための 転職「面接」受かる答え方

新品価格
¥1,650から
(2024/5/9 12:02時点)

しかしこれをうまく言おうとしたら反復練習をしておかないと

いざ本番というときになって焦ってしまい、しどろもどろになる。

試験官に「マニュアルを読んで暗記したな」と感じ取られそうだ。

ゆっくりでいいから話す前に「すいません、ちょっと、緊張しちゃってます。」

とか何とか言って間を置くといいかもしれない。そして

自分の言葉でしゃべる。

これってちょっと難しいかもしれない。

つまり言い換えれば、うまく言おうとしないことだと思う。

「敬語を使わなければ」に気を取られるな、ということだと思う。

私は大きな企業に就職をした経験がないので

この場の緊張感というのがどれほどのものなのか

経験してみたい気もするがそれは無理ということだ。

 *転職のベテランになり起業する     イクロウ



コメント

タイトルとURLをコピーしました